Warning: Undefined variable $post in /home/fudes/hyakkaidan.com/public_html/diary/wp-content/themes/cocoon-child-master/functions.php on line 34

Warning: Attempt to read property "ID" on null in /home/fudes/hyakkaidan.com/public_html/diary/wp-content/themes/cocoon-child-master/functions.php on line 34

本気のフライドポテト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

熊本の最初の地震から1週間が経ちましたね。
大分に住んでいる僕のところも結構揺れて、友人から大丈夫かと連絡が結構来ました。
ありがたいことです。ちなみに僕のところは今のところ何にも被害はないです。
せいぜい棚の上に置いてあったちょっとしたものが落ちたぐらいで。
でもホントちょくちょく揺れてるので、なんだかもう揺れてるのか揺れてないのかわからなくなってきました。
アレです、船に長時間揺られた後に上陸するとなんだかまだ揺れてるような感覚がする、アレ。
まだまだ大きな揺れが来る可能性もあるらしいので、しばらくは警戒しないといけないなぁ…。

 

それとは全く関係ないですが、料理できる男はモテるって聞くじゃないですか。
僕のまわりの料理できる男性があんまりモテてる気がしないのでデマだと思います。
災害の時にSNSで出回るデマと同じぐらい悪質なデマだと思いますが、
モテない男は藁にもすがる思いで料理を勉強するのでしょう。
ま、僕はそんなの関係ないぐらいモテるで、料理できるのは付加価値みたいなもんですね。

…嘘です。僕がモテるのはガラの悪い人にだけです。
よく中指立てられました。怖いです…。

まぁね、モテたくない男なんてこの世にいないですよ。
なんだかんだ言って女性からチヤホヤされるのは嬉しいもんです。
そんなあなたに向けて料理できない人でも簡単においしいフライドポテトを作る方法を紹介しましょう。
ちなみに料理時間は30分~1時間かかるので、突然のラブストーリーには対応できません。
ご了承下さい。

まずは材料から。

  • サラダ油(揚げ物に適切な量)
  • ジャガイモ(適量 中サイズ3個ぐらいだと1家族のつまみ分)
  • にんにく(4かけらぐらい 香りづけ)
  • ローズマリー(たくさん使えばいい香り)
  • 塩・黒こしょう(適量)

あとIHクッキングヒーターがあると超楽ちん。
さぁ料理の時間です。

 

何はともあれジャガイモ。これがなきゃフライドポテトにならない。
洗って芽を取ったら皮をむかずに適当なサイズに切りましょう。
ロッテリアのフライドポテトぐらいにするといいですね。
キッチンペーパーで水気を取ったらOK。

 

IHに鍋を置いて油を150度に温めます。
ガスだとめんどくさいよね。文明の利器って素晴らしい。
温まったらローズマリーと皮をむいたニンニクを投入。

 

続いてジャガイモをどんどん入れましょう。
一気に入れると油が跳ねて痛いので、面倒だけど1個ずつ入れてます。
ポテト同士がくっつかないので後々楽ってのもありますけどね。
揚げ時間は約15分。
表面がきつね色になって浮いてきたらOKです。

 

いい感じになったらザルにあげて15分ぐらい放置します。
油がしっかり切れるのをただひたすらに待つ。
テレビ見るなり別の料理するなりしておきましょう。

 

油が切れたらフライパンで乾煎りします。
邪魔なのでニンニクとローズマリーの大きい塊は外しましょう。
低温でじっくりあげただけなので乾煎りすることで表面をパリッとさせましょう。
ここで塩コショウで味付け。僕は胡椒多めが好きです。
強火にしてガンガンフライパンふってかっこつけるといいね。多分惚れられるね。惚れられてみたいね。
乾煎りするので暇なときにポテトを揚げるだけ揚げといて、食べる前に乾煎りで温めるのがいいと思います。
そうすれば突然のラブストーリーにも対応できるかも。

 

表面がパリッとしたらお皿によそって出来上がり。
写真じゃしてないけど揚げたローズマリーを添えるとおしゃれかもね。
香りづけで揚げたニンニクもトロトロになってておいしいので添えましょう。

 

揚げたり待ったりする時間が長いだけで、
ジャガイモを切るぐらいしか手間がかからないのがいいところ。
外はパリッと中はホクホクで普通のフライドポテトとは一線を画す出来上がり。
さぁ画面の前の君もこのフライドポテトを作って女の子にモテモテになろう!
君の恋路がホクホクになるかは一切保証できないけど。

コメント